読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

novintos

のびられぬ日はのびぬなり

関西弁

なんて気持ちいいんやろ、関西弁。 こどものころから使ってる言葉、というか音 わたし、なんて使ったことなかった。 うち、って呼んでた。 そうだね、は、せやね いいよ、は、ええよぉ そうじゃない?、は、そうなんちゃうんかなぁ ダメだよ、さ、あかんやろ…

西永福で優しさに触れた日

今日は西永福を訪れた。 大学3,4年生の頃に住んでいた杉並区西永福 バイト先の塾が西永福から徒歩5分の永福町にあった。 一人暮らしなのに通学だけで1時間20分かかるわたしに気をかけてくれて、塾長が不動産屋さんに声を掛けて部屋を探してくれた。 自分がか…

人生は満たす器ではなく、燃やすもの。

人生は満たそうとする器ではなく、燃やすもの。 という文章に出会った。 幸せになりたい、と言うけど 幸せな状態って満たされている状態のことなのかな。 最近読んだ文で、 「幸せになるより、幸せを求めることの方が難しい」 というものがあった。 すごくわ…

与えられた刺激は飽きる!

わたしは危険で刺激的なことに惹かれた。そして新たなる刺激を求めていた。 なぜ、満足できなかったのか。 なぜ、満足できないのか。 さっき、ピンと来たのです。 自分の謎が明かされた気分。 人から与えられた刺激には飽きるのです。 わたしは刺激が好きで…

大人になるということの一つ

人を愛すという選択をすること わたしにとって大人になることの一つ ふと振り返ると、 自分が4,5年前に持っていた考えをもう持っていないことに気付いた。 ・人生には目的がある。 ・人を知る事は出来なくて、人を知ったような気になる誤解しかない。 ・内省…

最近は白紙 たぶん過渡期

年始に再来年以降の計画を白紙に戻してから、ふわっとした足取りのまま23日経った。やっと一人でぼーっと考えごと。 仕事はふわっとしておらず週6,7のまま。やることが増えて、大きなことを任せてもらえることが嬉しくてやる気が湧くあたり26歳っぽい。 2017…

そこに居続ける覚悟

肩書きを変えること、居る場所を変えることだけが前進じゃない、勇気じゃない。 そこに居続ける勇気。 わたしにとって、居続ける覚悟は、居ることで引き起こされる感情や物事の結果を、自分で引き受けること。 離れると決めたところに、考えを改めて、もう一…

「自分探し」という自意識を肥大化する呪縛

わたしは何だ わたしはどんな人間なんだ わたしはどう思われているのか そんな途方のない、自意識の肥やしになる問いに「自分探し」という名前をつけて、自分の頭の中を何周も巡る。 巡る巡る。逡巡。 自己完結型の問いにばかり気を取られていたら、人との間…

「わたし、一人でちゃんとしっかりできますから!」

おせっかいっていいじゃないですか。 先週の土曜日の深夜、神田から電車で帰宅中のこと。 わたしはたまたま席に座れた。 次の駅で、乗客がたくさん乗り込んできた。 目の前に仕事帰りっぽい女性の方(30代中頃。ショートカットの明るい茶髪。目を開くとクリク…

ついに9回目のロルフィング。

全部で10回のロルフィング。 今日は、ついに9回目を受けました。 あっという間でした。 身体も固くて、考え方も 『こうでなきゃ!こうしなきゃ!』 って自分を責めて追い立てるスタイルだったのが柔らかく、柔らかくなってきました。 (それも強さのひとつの…

自分が何かに没頭できないと思い込んでいる人は、没頭した状態になるのが怖いだけだと気づいた話。

一念奮起して何かに没頭することに得手・不得手があることよりも、自分が没頭状態になることが怖いから避けているように思う。 わたしは集中力が昔からある子どもだったと思う。 いや、集中力と呼ぶよりも没頭力と呼ぶほうが正解かも。 例えば本。 本を読ん…

6,7歳児も円形脱毛症になる。

「先生に抱きついちゃダメだよ」と同級生を止める子ほど、誰よりも抱きつきたいと思っている。 とても不愉快そうに、先生に甘える同級生を睨んで、物理的に止めようと間に入る児童は、甘えたいけど「甘えていけない」と日頃から自分に言い聞かせてる。 「先…

人生が楽しくない理由

主体性がないから。 主体性は生活の小さな行動にも発揮される。逆も然りで、主体性を発揮しない生活も容易く送りやすい。 シンクに洗わないといけないお皿が積み上げられていて、いい加減嫌になって洗う。 などから、 この仕事、やめたいけど次の仕事探すの…

好きだと認めなよ

好意を示してきた人を馬鹿にして、自分の優位性を保とうとする 馬鹿にされても、好きな人に好きだと言える 連絡を無視する 連絡を無視される 拒否する 拒否される ダサいのはどちら 勇気が必要なのはどちら 生きているのはどちら 好意を認めるのが怖いのはみ…

13年前の母の家出に、今夜思うこと

それは「お母さんも、悲しかったんだろうなぁ」ということ。 母は、わたしが小学生の頃、家出を繰り返していた。6年の間に少なくても7,8回。そんなことを、googleマップで、当時住んでいた地域を眺めて、今夜思い出した。 これが当時住んでいた家で、この辺…

何のために人と一緒に居たいか

それは不安を消してもらうためじゃない。相手の存在を喜ぶため。心細くて胸がきゅーーっと苦しくなる時は今もある。 だけど、それを解消したいから、誰かと一緒にいたいとは思わなくなった。 ぎゅうって抱きしめ合って、相手が、お互いがここにいて抱きしめ…

大掃除 人との縁を手放す

お部屋を大掃除中です。 たくさんものを捨てています。 捨てる基準は、来年の4月、アメリカに持って行きたいか否か わたしは所有物は少ない方だと思います。 でも、余計なものは増えるもの。 去年から人間関係も見直していて、会いたい人としか会っていない…

何がしたいかわからない休日にとりあえずすると良いこと4点

1. 掃除 実は部屋が汚いから、やる気がでないだけ。汚いところにいると自分がゴミみたいに思えるのは自然なこと。2. 自炊 近頃、創作的な活動をしていないから、やる気がでない。まずはお米を炊いてみるところから。もしくは無限ピーマンを作るとこから。3. …

善か悪か分けたい時は、早く安心したい時

揺れる。 最近わたしがした判断は、「進む」に分類されることだと思っていた。 去ると決めた処は悪い。 行くと決めた先は善い。悪いから去るのだ。 善いから行くのだ。そう思った方が、正しいことをしている感じがして、判断がしやすい。 レーベルを貼って、…

つけめん愛が重荷に変わる時

みなさんは、つけ麺好きですか? わたしはつけ麺博に通うほど、好きです。いえ、今となれば、好きだったという方が正確かもしれません。 わたしのつけめんへの愛が、わたしを縛り付ける重荷になっていると気付くまでは。 ことは約二週間前、用があって麻布十…

アメリカ旅、よかったわーい

二週間の米国フロリダ・ミズーリの旅が終わり、締めはSt. Louisのこちら Gateway Arch中にゴンドラがあって、登り4分 下り3分で移動できます。お父さんと一緒に登りました。 夕方から夜に掛けて、オレンジと薄紫の夕日が沈んで、街の光が煌めく様子を192mの…

私の「これがいい!」を大切にすること

3歳の頃の自分の写真を観て、この子には幸せになってほしいと心から思うから。 小さい頃は、思い通りにならないことが多かった。「やめて」と言ってもやめてもらえず、 泣いてもやめてもらえず、 「行きたくない」と言っても連れていかれ、 自分の存在の軽さ…

良い孫になろうとするのをやめる時

おばあちゃんと3年ぶりの再会 おばあちゃんの家の近くの路に差し掛かって、そわそわし始めた。本当に、本当に わたしは良い孫ではない。 おばあちゃんと会えた時、かけよって、ぎゅうってして、ごめんなさいって言えない代わりにI love you so muchって伝え…

フロリダに一週間居たらガラスの少年時代が強制終了

今回のフロリダへの旅で、自分の思い込みに気づいて、新たな思い込みに塗り替えることができた。 それが楽しい!感じるということ。 そしてわたしのガラスのハートが粉々に砕け散ったのだった。 1. 充分やっていける英語力を持っている 半分アメリカ人で、ア…

米国フロリダで三日間遊び続けて思うこと

色んなことが頭にポンポンと、浮かんでは消えるから箇条書きでメモメモ・理想の環境は人それぞれ。思い込みではなくて、自分の理想を知っていくことが大事。・美しさの基準は人それぞれ。多種多様な他人の期待に応えようとするよりも、自分に自信が持ててい…

ロルフィング セッション 1

麻布十番の Kukuna Body ( http://kukunabody.com )で、 ロルフィングを受けてきました。 その感想です。 セッション10でモニターは完了です。【セッション1】・モニタープログラムに申し込んだ理由理由は二つ一つは、自分の身体を理解して動かしていないこ…

空港での居心地の良さ

色んな人がいる色んな肌の色、体型、髪型、年齢、服装、年齢、言葉、ヘテロ、ゲイ、家族、ひとり 美しさは決まった形じゃない判を押したように、マネキンのクローンみたいじゃない。目の当たりにすることで、自分らしさしか美しさの基準が無いように思えてく…

ぼーっとする時

一週間フロリダ、一週間ミズーリへ祖母、叔母、いとこ、姉に会いに、父と共に計二週間アメリカへ。たくさんぼーっとしよう。 たくさん本も読みたい。 日本との違いを感じてこよう。

何に価値を感じて選択するか

「あ〜、なんか色々あって楽しい人生だったなぁ。」 と思って人生を終えたい。 高校生のときからそう思っている。 安定してても、ワクワクがなきゃ! そう思っていたはずなのに。 いつ結婚するか 子どもはいつまでに産むか キャリアはどう積み上げるか 30歳…

不完全だから可愛いのに

身近な人をふいに愛おしく感じるとき、それは、人の不器用な部分を見たときだと思う。 なんだかまごついているとき 小さなことで見栄を張るとき 口の周りに食べ物をつけているとき ごめんなさい、と謝る時だったり 小さなことでムキになったり 自信をなくし…

初めて憧れた女性

25歳になるまで、素敵だと感じる人との出会いは沢山あった。 初めて憧れた女性は Darren ダレン 小学生に上がった頃から1,2年に一度会う、父の友人だった。 人生で5,6回しか会ってない。 化粧気がなくショートカット、長身細身の白人女性、Darren。 ジーパン…

ブログ、よーいはじめ

ブログを書き始めようと思います。 ブログを書くに当たって、大切にしたいことは・・・ 自分の想いや衝動を感じること。 感じた想いを文字にすること。 そして、ブログを楽しみのひとつとすること。 どんな自分と向き合えるのかな どんな自分と出会えるのかな…