読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

novintos

のびられぬ日はのびぬなり

「わたし、一人でちゃんとしっかりできますから!」

ブログ

おせっかいっていいじゃないですか。

 

先週の土曜日の深夜、神田から電車で帰宅中のこと。

わたしはたまたま席に座れた。

次の駅で、乗客がたくさん乗り込んできた。

目の前に仕事帰りっぽい女性の方(30代中頃。ショートカットの明るい茶髪。目を開くとクリクリしていて童顔。アパレル業界っぽい)が立った。

手摺に片手で掴まったまま、ぐわんぐわん身体を揺らして寝ている。

後ろの方、左右の方に全力でもたれかかり、周りも、うわ〜って顔をして彼女を押し返している。

 

たまたまお昼に友人のオフィスで昼寝をしていたわたしは席を立ち、お姉さんに座るよう促した。

「えぇ…!あ、あ、でも、だめです!悪いです!わたし寝過ごしちゃう…」とか涎を垂らして半目でもごもご言っていたが、座らせた。

15秒くらいして彼女はふらふらと立ち上がろうとした。

 

その時に言った言葉

 

「わたし、もう大丈夫です。わたし、一人でちゃんとしっかりできますから…!」

 

もうなんなんだこれ、ってイラっとした。「はいはい。いいから座って」って大阪のおばちゃんみたいに、彼女の肩に手を置いて座らせた。

降りる駅を尋ねて、わたしの降りる駅の少し前だったので、そこで起こすから寝てて、と伝えた。

ありがとうありがとう、ってぐずぐず泣き出した彼女は3分後にいびきをかいていた。

 

絶対大丈夫じゃないじゃん。

席代わっただけで、

泣くほどのことじゃないし。

そんなことが身に染みて泣いてしまうまで、ひとりで何やってんだ。

何でも一人でちゃんとしっかりできなくていいし。

みんなで生きてるんだから。

 

そんな気持ちがわーって湧いた。

大学2年の時、雨の日に濡れて歩いてるわたしに傘をくれて走り去ったサラリーマンのことを思い出した。なんだか、泣きそうになったことを思い出した。

 

なんか、こんなにも、一人で生きていけなきゃ一人前じゃないって気持ちに、誰がさせてるんだろう。

おせっかいな人が増えてもいいと思う。

わたしはもっとおせっかいになっていいとおもう。