読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

novintos

のびられぬ日はのびぬなり

そこに居続ける覚悟

肩書きを変えること、居る場所を変えることだけが前進じゃない、勇気じゃない。

そこに居続ける勇気。

わたしにとって、居続ける覚悟は、居ることで引き起こされる感情や物事の結果を、自分で引き受けること。

 

離れると決めたところに、考えを改めて、もう一年居るということ。

私にとっては、それは場所を変えることよりも勇気がいる決断だった。

 

新しい環境は心躍る。

環境を変えることに慣れていた私にとっては、変えていく方が自然に感じた。

でも、残ると決めた。

不安はある。

"離れたらよかった、

やっばりやめたらよかった、

せっかく残ったのに、

また傷ついた。"

思いたくない。

 

本当に人の尊厳を奪う職場はあると思うから、どの職場にも居続けることが最善だとは思わない。

 

人生のすべて、わたしが意味付けしていくものだから、わたしが納得してるかによる。

 

1年後に、残ってよかったか否かを決めるのは、わたしがどう意味付けするかによる。

 

 

ようやく、自分の淵に少し触れた気がする。また少し変わった自分を感じる。