読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

novintos

のびられぬ日はのびぬなり

関西弁

なんて気持ちいいんやろ、関西弁。

 

こどものころから使ってる言葉、というか音

 

わたし、なんて使ったことなかった。

うち、って呼んでた。

そうだね、は、せやね

いいよ、は、ええよぉ

そうじゃない?、は、そうなんちゃうんかなぁ

ダメだよ、さ、あかんやろぉ

 

自分のブログやねんから、好きに書いたらええのか。

めっちゃ不思議

いつも、〜べき、に囚われている。

関東に行って、「関西弁が怖い。使わないでほしい」と言われたこと、ずっと引きずってる。

「標準語が冷たい。使わんといて」って言ったら、困ったやろうに。

マジョリティって暴力的!って思った。

 

「関西の人って、東京に来ても頑なに関西弁を標準語に直さないよね」

 

と、人の言葉を直す対象として捉えられる人とは、絶対に反りが合わない。

正直、そういう人は傲慢すぎて気持ち悪い。

話したくもない。

自分の狭い範囲で身に付けた普通を世の普通として、ぶつけてくる暴力的な人。

一番、嫌いな人種だ。

そういう人には、そもそも 近づかないので、今はわたしの身の回りにはいない。

ヤンヤ♪└|∵|┐♪└|∵|┘♪┌|∵|┘♪ヤンヤ 

f:id:novintos:20170326101611j:image